トヨタ自動車が「環境ブランド調査2016」で首位を獲得!

同社はハイブリッド車「プリウス」の商品イメージなどが奏功、2000年の調査開始から10年間に渡って1位を維持していましたが、2010年には「エコナビ」を打ち出したパナソニックに、また2011年から5年間は「水と生きる」の企業メッセージで強力なブランドを築いたサントリーに1位の座を譲っていました。

TOYOTA_PRIUS

今回の調査で首位に返り咲いた背景には、量産車として世界初の燃料電池車「ミライ」やハイブリッド車の4代目「プリウス」を発売したこと、昨年10月に打ち出した「トヨタ環境チャレンジ2050」で社会や会社の未来像を示したことなどがあるようです。

消費者が持つ同社のブランドイメージとして、「省エネルギーへの貢献度」で1位(日産3位、ホンダ4位、マツダ5位、ダイハツ8位、スズキ15位)、「リサイクルへの貢献度」で12位、「廃棄物削減への貢献度」で2位、「生物多様性や動植物資源の保全への貢献度」で7位にそれぞれランキングされています。

Avanti Yasunori ・画像:日経BP、トヨタ自動車)

【関連記事】

「2016年のもっともスマートな企業」50社にトヨタがランクイン!
https://clicccar.com/2016/07/05/383573/

グローバルWebサイト調査で「トヨタ自動車」が高評価!
https://clicccar.com/2016/06/18/379465/

ビジネスマンが勧める企業ランキング、2016年の1位はトヨタ自動車!
https://clicccar.com/2016/05/16/372267/

トヨタ自動車が企業情報サイトのユーザー評価で首位に!
https://clicccar.com/2015/12/16/343576/

トヨタ、世界ブランド価値ランキング自動車部門で1位!
https://clicccar.com/2014/05/31/257810/