ついに新型トヨタ86登場!後期型へと大幅進化。その変わった点と変わらない点は?

2012年に誕生したトヨタのスポーツカー「86」が、初めての大幅改良を受け後期型になります。2016年8月1日からの発売を前に、変更内容が公開されました。

20160705Toyota86 happyo_047

『エンジン吸排気系改良などによる低回転域からのリニアなトルクの立ち上がりの実現』や『ショックアブソーバーのバルブ構造見直しによる優れた操縦安定性の確保』などで走りの楽しさを追求。フロントからリアまで『空力性能向上をメインとした外形デザイン』とするなど、走りの実利を優先した変更ということです。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。