開発コードを冠した限定車、Gクラス「Edition 463」は驚きの価格!

ベース車は、Gクラスの中でも圧倒的なパフォーマンスを誇る「G 63」と「G 65」。Gクラスの開発コード「463」が車名に含まれていますが、その名に恥じない特別仕様車となっています。

Edition463_G63_02

「G 63」は、最高出力571ps(420kW)、最大トルク760Nmを誇る5.5L V8直噴ツインターボエンジンを搭載。

Edition463_G65_01一方の「G 65」に搭載されている6.0L V12ツインターボエンジンは最高出力630ps/1000Nmという圧倒的なハイパワーと強大なトルクを誇り、最もパワフルなプレミアムSUVとして君臨しています。

今回の特別仕様車には、究極のオフローダーとしての圧倒的な「走破性」そして「スポーティ」というキーワードのもと、特別装備を内・外装に満載。外観では、フロントのステンレスアンダーカバー、サイドのダークアルミニウム調ストリップラインとAMGスポーツストライプ(デカール)が存在を主張しているほか、通常モデルには用意されていない21インチの専用デザインである「AMG5ツインスポークアルミホイール」が装備されています。

Edition463__G63_04Edition463_G65_

インテリアでは、上質さを演出する「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ(Mercedes-AMG G 65には標準装備済み)」に加えて、同限定車専用のカーボン調デザインを施したレザーシートとAMGカーボンファイバーインテリアトリムが組み合わされていて、スポーティムードを演出。

「Mercedes-AMG G 63 Edition 463」のボディカラーには、「designoミスティックホワイト2(52台限定)」と「オブシディアンブラック(41台限定)」の2色を設定し、いずれも21インチホイールにはマットブラックを採用。

一方の「Mercedes-AMG G 65 Edition 463」には、「designoグラファイト」の外装色に、セラミックポリッシュホイールが組み合わされ、スタイリッシュな印象に仕上げられています。

気になる価格は、「Mercedes-AMG G 63 Edition 463」が2160万円、「Mercedes-AMG G 65 Edition 463」が3672万円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。