ポルシェ パナメーラ、次世代モデルにシューティングブレーク投入へ!

ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」次世代型プロトタイプが何度か目撃されていますが、その次世代モデルにポルシェ初のステーションワゴンとなる「パナメーラ シューティング ブレーク」が投入される事が分かりました。

SB1_9357

ポルシェのステーションワゴンで思い出されるのは、2012年に公開された「スポーツ ツーリズモコンセプト」ですが、この次世代ステーションワゴン市販モデルでは、さらに進化したデザインが採用されると思われます。

サイズはノーマルパナメーラより、ホイールベースを長くし、トランクルームの使いやすさの向上で、機能面とスポーツ面の充実を図ります。

パワートレインはプラグインハイブリッドのほか、V6、V8エンジンなどパナメーラと同じラインナップが予想されます。

ワールドプレミアは2018年頃という情報です。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事