東北大学、貴金属やレアアースを使わない高性能排ガス触媒の共同開発に成功

東北大学は、物質・材料研究機構と共同で、貴金属や希土類元素を一切使わない高性能排ガス触媒を開発した、と発表しました。新開発の触媒は「ナノポーラスNiCuMnO金属複合化合物」という物質です。

0003a

東北大学の藤田武志准教授は、科学技術振興機構 (JST) の戦略的創造研究推進事業で、物質・材料研究機構の阿部英樹主幹研究員と共同で、貴金属(レアメタル)や希土類元素(レアアース)を一切使わない高性能排ガス触媒、ナノポーラスNiCuMnO金属複合化合物の開発に成功しました。

0003b

これまで、自動車用排ガス触媒にはプラチナなどのレアアースの酸化物が使用されていましたが、レアアースは市場の価格変動が大きいことなどから、レアアースを使わない排ガス触媒の開発が求められていました。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事