【オートモーティブワールド2018】ラストワンマイル問題の解消なるか? レベル4の完全自動運転EV「Milee」

2018年1月17日(水)〜19日(金)、東京ビッグサイトで開催されているオートモーティブ ワールド2018。ワンマイル モビリティ「Milee(マイリー)」が「自動運転 EXPO」に登場しました。

自宅と最寄りの公共交通機関の駅やバス停との「ラストワンマイル」。その部分を補うラストワンマイルモビリティに着目し、開発されたのがこのプロトタイプ初号機となる「マイリー」。

市街地や中山間地域における近隣への移動手段としての利用を想定したもので、レベル4の完全自動運転EVであるため、ハンドルやアクセル、ブレーキといったものは車室内に見当たりません。

高齢過疎地域での移動手段の確保、そしてドライバー不足、交通課題の解消、さらには環境負荷低減など、社会課題解決型の「次世代端末交通システム」として2018年春以降より実証実験を実施。限定地域での低速自動走行技術というワンマイルモビリティの2019年以降の事業化を目指すとしています。

プロトタイプ初号機のマイリーは、アイサンテクノロジー、ティアフォー、岡谷鋼機の3社が業務提携し共同で進めているワンマイルモビリティ事業のプロジェクトで開発されたもので、すでにテスト走行を重ねているということです。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事