【東京モーターショー15】ヤマハの四輪モデル「SPORTS RIDE CONCEPT」は、軽量・高剛性コンセプトが特徴

ヤマハ・ブースはモーターサイクルや電動アシスト自転車が中心でしたが、メイン・ステージに陣取った四輪車デザイン・コンセプト「SPORTS RIDE CONCEPT」は、前回の東京モーターショーに出展された「MOTIV」と同様に、「iStream」というコンセプトを採用しています。

YAMAHA_03

「iStream」とは、ゴードン・マーレーデザイン社が提唱するF1に源流を持つ軽量&高剛性な車両構造のこと。ゴードン・マーレー氏は、ブラバムやマクラーレンといったF1マシンの後、マクラーレンF1の設計以降はロードカーをデザイン。