【東京モーターショー15】ヤマハの四輪モデル「SPORTS RIDE CONCEPT」は、軽量・高剛性コンセプトが特徴

ヤマハ・ブースはモーターサイクルや電動アシスト自転車が中心でしたが、メイン・ステージに陣取った四輪車デザイン・コンセプト「SPORTS RIDE CONCEPT」は、前回の東京モーターショーに出展された「MOTIV」と同様に、「iStream」というコンセプトを採用しています。

YAMAHA_03

「iStream」とは、ゴードン・マーレーデザイン社が提唱するF1に源流を持つ軽量&高剛性な車両構造のこと。ゴードン・マーレー氏は、ブラバムやマクラーレンといったF1マシンの後、マクラーレンF1の設計以降はロードカーをデザイン。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。