横浜ゴム、タイヤのエアロダイナミクス新技術で車の空気抵抗低減とリフト抑制に貢献

横浜ゴムは、タイヤのエアロダイナミクス技術で車の空気抵抗低減に加え、走行時の車両のリフト(浮き上がり)抑制に貢献する技術を開発しました。

2015101514tr001_2

この技術で製造されたタイヤは車の燃費性能を高め、しかも車体の安定性を向上させることができる、ということです。

同社では、2010年からタイヤのエアロダイナミクス技術を研究しており、車両全体の空気の流れを制御するために、左図のノーマルタイヤに比べて、タイヤのショルダー部に近いサイドウォールに、斜めのフィンをタイヤのアウトサイド(車両装着時外側)に配置しています。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事