大幅改良したフォレスターは軽快さ&豪快さが目立つ走り

走行性能の向上と安全性能の進化を目指して大幅改良したスバルフォレスターをテストコースで試乗しました。

今回はオーバルコースで走行安定性や静粛性を確認、ハンドリングコースによるステアリングの応答性とサスペンションの最適化を確認。さらに、登坂路でのX-MODEの機能確認という3つのインプレションを行いました。

002

まず、オーバルコースを使用した高速走行のインプレッションからです。

手始めに試乗したのは、エンジンの燃焼改善やフリクション低減を行ったNAエンジン搭載するSリミテッドです。このSリミテッドはターボ車と同じエクステリアデザインを採用したNAエンジン搭載車の最上級グレードで18インチアルミホイールを装着します。

001 031

コースインして、一気にアクセルを踏み込んで一気に加速します。まず感じるのは軽快なエンジンフィールと高い静粛性です。アクセルワークに対して素早く反応し、時速100kmまで全くストレスなくスッと加速していきます。

一気に加速を行ったためエンジンを高回転まで回しましたが、今回の大幅改良でドアガラスの板厚アップをはじめ、ドアシールの二重化、インパネシーラー追加などによってエンジン音をはじめとしたノイズが室内に侵入が相当抑えられていて、室内は非常に静かです。

長いストレートやオーバルを高速で走行しても直進安定性は高く、背の高いSUVとは思えないほどの操縦安定性を確認することができました。

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!