ホンダ、マーシャル諸島でフィットEVの実証実験を開始、太平洋島しょ国で温暖化対策に協力

ホンダはマーシャル諸島共和国でフィットEVを使用した温暖化対策の実証実験を開始しました。

4151019_001L

今回の実証実験の開始を記念して10月19日に、現地で同国のクリストファー・ロヤック(Christopher Loeak)大統領や日本政府関係者も列席してオプニングセレモニーを行いました。

4151019_003L

ホンダは、電気自動車のフィットEVと太陽光発電に対応したAC普通充電器「Honda Power Charger」を使用して、化石燃料の使用量削減による温暖化対策の実証実験を、温暖化による海面上昇の影響を受けやすい太平洋島しょ国のひとつであるマーシャル諸島で行うことになります。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事