ボルボが全ラインナップにプラグインハイブリッドを設定、フルEVも2019年までに発売

ボルボのパワートレーン戦略「Drive-E」は、フォード傘下から離れた同社が練り直した戦略で、6気筒エンジンなどマルチシリンダーを廃止し、4気筒を中心に、将来的には3気筒も含めた戦略。

環境への配慮だけでなく、限られた資源(投資)を有効活用するもので、電動化も選択肢に入っています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。