国内向け新型プリウスの外観デザインとサイズはどうなる?

1997年に登場した初代プリウスの市場投入は、売れば売るほど赤字ともいわれていましたし、ハイブリッドシステムや高圧バッテリーの安全性や耐久性などを確認する意味も大いにあったはずです。

new_prius_26

スタイリング面では、2代目のトライアングルシルエットの採用で、トヨタは「後の環境車に多くの影響を与えてきた」と胸を張っています。

new_prius_27

3代目の貢献度は32.6km/L燃費はもちろん、日本の国民車としての地位を確率しつつ、弟分のアクアもプリウスの成功があったからこそ。

new_prius_28