岩谷産業が「低炭素水素活用モデル実証」へ参画。水素の貯蔵および輸送を担当

岩谷産業が、環境省の委託事業である「平成27年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」の中の「低炭素水素活用モデル実証」に参画すると発表しました。

teitannso_1(1)

同社は、京浜臨海部の倉庫や青果市場などで使用が予定されている燃料電池フォークリフトへの水素供給を行うということです

kankuu_lift_dispencer kankuu_lift_silinder

本実証事業は、横浜市が運営を行っている風力発電「ハマウィング」にて発生した電気を活用し、東芝製の水電解装置で製造した水素を燃料電池フォークリフトに使用することにより環境負荷低減に取り組むことが目的です。

岩谷産業は一連のモデル事業のなかで水素の貯蔵・輸送部門を担当することになります。

st_siba_mirai st_siba_zenkei

これにより同社は「水素社会の早期実現に向け水素ステーションの整備など水素インフラの構築に加え、水素を活用した環境負荷低減事業へも積極的に取り組む」としています。

(山内 博・写真:岩谷産業)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事