MTが生産される山口県でマツダ・ロードスターに乗ってみた

マツダ・ロードスターには、ライトウェイトスポーツカーらしくMT(マニュアルトランスミッション)が用意されています。

しかも、その6速MTは新型ロードスター専用に新造されたものなのです。

これまで見たことのない、「ライトウェイトスムーストランスミッションハウジング」という名前がつけられたツルツルのミッションケースからもわかるように、他車流用でもなく、もちろんサプライヤーから購入しているものでもありません。マツダ内製の新しい縦置き用「SKYACTIV-MT」です。

 ND_S_MT_MG_0221

そんなロードスター専用MTを製造しているのは、山口県にある防府工場。防府工場といえば完成車(デミオやアクセラ)の工場というイメージも強いのですが、車両組立ラインがあるのは西浦地区。トランスミッション工場は中関地区にあります。

マニュアルのみならず、オートマチックも含めて年間114万機のトランスミッションを製造しているという中関地区の工場内に、自動車メディアとしてはおそらく初めて訪れることができました。