楽器の「ローランド」がEVスポーツカーの音作りに挑戦!?

電子楽器メーカーの「ローランド」が、京都大学由縁のEVベンチャー「GLM」とのコラボにより、EVスポーツカー用のサウンド・システムを開発したと発表しました。

Tommykaira_ZZ国産初の量産EVスポーツカー「トミーカイラZZ」向けのオプションアイテムとして今秋から販売するそうです。

EVはモーター駆動による高い静穏性が長所とされる反面、エンジンから発せられる排気音が無いため、スポーツカーなどで走りを楽しむドライバーにとっては物足りないという声が多く聞かれることが、今回の開発の経緯。

RolandTommykaira_ZZ

従来になかった近未来的でアクティブなサウンドを車内ステレオ・スピーカーから大迫力でアウトプットすることで、EVスポーツカーの魅力を飛躍的に高めたといいます。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事