トヨタが恩賜発明賞を受賞したFCVの「逆転の発想」とは?

トヨタ自動車が21日、「MIRAI」に採用した燃料電池関連の発明で全国発明表彰「恩賜発明賞」を受賞したと発表しました。

TOYOTA_MIRAI

 

では、受賞した発明とはどんな内容だったのでしょうか? 

きっかけは2000年代初期に同社が先行実検車「FCHV」を開発していた頃にまで遡ります。当時同社は燃料電池車を開発する中で大きな課題に向き合っていました。

TOYOTA_FCV

(出展 トヨタ自動車)

それはFCVの心臓部であるFCスタック(燃料電池)の極低温下での「始動性」。