ホンダの旗艦「レジェンド」を公道試乗。価格680万円の走り味とは?

2014年11月に発表、2015年2月に発売開始となってホンダのフラッグシップモデル「レジェンド」。フロントをV6エンジンとモーター内蔵7速DCTで駆動、リヤは左右独立2モーター駆動という3モーターハイブリッドを搭載する先進のプレステージサルーンを高速道路と市街地で試乗することができました。

Legend002

ホンダのフラッグシップモデルとして復活した「レジェンド」のプロフィールを手短に記すと、3.5リッターV6エンジンのハイブリッドで、リヤはモーターだけで駆動するスーパーハンドリングAWD、JC08モード燃費は16.8km/Lで、メーカー希望小売価格は680万円となっています。

同じく、3.5リッターハイブリッドを採用している産フラッグシップモデルとしては日産フーガやトヨタ・クラウンマジェスタが挙げられます。レジェンドはカーAVやプリクラッシュセーフティシステムなど標準装備を充実させたモノグレード設定なので、同等の装備で比較すると、フーガで620万5680円~687万4869円、マジェスタで689万1428円となりますから、けっして他に比べてレジェンドが高いというわけではありません。

いや、ライバルがFRなのに対して、レジェンドはAWDなのですから、むしろお買い得に感じるほどなのです。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事