第三世代フォード・フォーカスRSは2.3リッターターボで315馬力

Focus_RS_01

ところで、フルタイム4WDのハイパフォーマンスカーというと、どうしてもアンダーステア傾向になりがちというイメージがあります。

しかし、新しいフォーカスRSは、リヤの左右それぞれに電子制御クラッチを使ったディファレンシャルを採用、駆動ベクタリングを行なうことで、アンダーステアを解消しているといいます。

ハンドルの操舵角、コーナリングによる横G、クルマが回ろうとするヨーレート、そして速度などの条件からリヤ外輪の駆動トルクを増やすことで曲がりやすくできるというわけです。

さらに、この電子制御によるハンドリングの改善は、4つのモードを用意しています。

そのモードとは、「ノーマル」、「スポーツ」、「トラック」、「スペシャルドリフト」の4つ。このモードを切り替えることで、リヤ駆動制御だけでなく、エンジンレスポンス、ダンパー制御、横滑り防止装置、排気系などの協調制御が最適化されるということです。

とくに「スペシャルドリフト」モードでは、その名の通り、ドリフト走行をサポートする制御になるというから注目。アンダーステアを解消するどころか、積極的にオーバーステアも味わうことのできる、フルタイム4WDスポーツの誕生です。

■関連記事

フォード・フォーカス「RS」はMax350ps!
https://clicccar.com/2014/12/12/281192/

フォード・フォーカスに「Sport Driver Assist Package」登場。ACCなどを搭載!
https://clicccar.com/2014/10/28/274806/

新型フォード・マスタングは2.3L直列4気筒でも「走るのか?」
https://clicccar.com/2015/01/07/285128/

【デトロイトショー2015】新型フォードGTはカーボンボディのスーパーカー【動画】
https://clicccar.com/2015/01/15/288509/