トヨタが東京五輪などで最高位のスポンサー契約締結か?

新聞報道などによると、IOC(国際オリンピック委員会)とトヨタ自動車が最高位のスポンサー制度「TOPスポンサー」契約交渉で大詰めを迎えているとしています。

IOC_01(出展 IOC)

契約期間は2020年東京五輪を含む10年間とみられ、早ければ今月にもIOCのトーマス・バッハ会長が来日して正式契約の運びとなる模様。

世界的な大手企業11社が同契約に名を連ねており、日本企業では昨年、パナソニックとブリジストンが2024年までの長期契約を締結しています。

IOCが展開するこの国際マーケティングプログラム「TOPスポンサー」契約は1業種1社限定で五輪活動を支援する仕組み。

TOKYO_Olympic_ 2020_01(出展 独立行政法人日本スポーツ振興センター)

1985年にスタートしたこの制度は同委員会の主要財源となり、IOCによれば2009~2012年の4年間の契約金は平均で1社あたり年間約2,200万ドル(約26億円)とか。

認定にはオリンピック・ムーブメントに対する貢献度が問われ、金銭的な支援のほか、大会への商品の提供や技術援助などを行うことになります。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。