2014年の新車販売で軽のシェアが4割超!軽首位はスズキ

自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の発表によると、2014年の国内の新車販売台数は登録車と軽自動車を合せて556.3万台(前年比+3.5%)となっています。 

SUZUKI_WGON_R

消費税増税前の駆け込み需要が増税後の反動減を補った形で、3年連続で500万台を上回わる結果に。

2014_01-12

内訳は登録車が329万台(+0.8%)、軽自動車が227.3万台(+7.6%)といずれも前年増の状況で、特に販売が好調な軽自動車は過去最高を更新。

軽自動車の比率が40.9%(前年比+1.6P)と初めて4割を超えるなど、新車市場での存在感を増しています。  

12月の軽自動車販売ではスズキが前年同月比で+51.8%、ダイハツが+39.6%と大きな伸びをみせており、年間でもスズキが70.9万台(前年比+13.9%)、ダイハツが70.6万台(同+7.0%)と、ともに70万台を超える販売を記録。

2014

昨年4月の増税以降、軽自動車が秋から回復基調に転じているのに対して登録車は10月が対前年比で-9.1%、11月-13.4%、12月-8.8%と依然、足踏みが続いている状況。

冒頭のとおり、2014年の国内新車販売も軽自動車の好調に支えられた一年だったと言えそうです。

〔関連記事〕

3カ月ぶりに前年並みに! 「軽」の販売増で国内新車販売が復調
https://clicccar.com/2014/10/07/271780/

8月の軽自動車販売に異変! ボーナス商戦振るわず
https://clicccar.com/2014/09/05/267112/

トヨタ、米国の販売好調で増税後の国内販売減を補完!
https://clicccar.com/2014/08/12/264379/

国内新車販売が増税後3カ月ぶりに回復傾向!
https://clicccar.com/2014/07/07/260714/

消費税増税から1カ月、駆け込み需要の反動で新車販売11.4%減!
https://clicccar.com/2014/05/10/255128/

 (Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/2015/01/06/285569/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。