トヨタ・アクアにSUV風スタイルの新グレード「X-URBAN」を新設定!

いま、最も売れている登録車であるトヨタ・アクアがマイナーチェンジを受けました。注目は、新たに設定された新グレードの「X-URBAN」で、狙いは「都会的なセンスのクロスオーバー」。そう、フォルクスワーゲン・ポロやSUBARU XVの手法と似ています。

aqua1412_22

アクア最大の武器である燃費は、37.0km/Lから33.8km/Lに下がっているものの、少し違ったムードが欲しいニーズには応えてくれるはずで、アクアにも設定されている「G’s」よりも幅広い層に支持されそうです。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。