富士重工業がEV市場に再参入か?

富士重工業の吉永社長が米国のEV市場に参入する意向を示した模様。  

SUBARU_YOSHINAGA

これは日経新聞や産経新聞の取材で判明したもの。

同社は米カリフォルニア州の環境対応車販売強化を義務付ける「ZEV規制」に対応するため、昨年秋に投入した「インプレッサXV(HV)」、2017年に投入予定の「VIZIV(PHV)」に続く第3弾として自社開発のEV投入を検討している模様。 

http://youtu.be/J9M_SmiSniA

「ZEV規制」では2018年までにカリフォルニア州内で販売する車のうち、16%をゼロエミッション車にするよう、自動車メーカーに義務付けています。 

ちなみに富士重工業では2009年6月に軽自動車「STELA(ステラ)」をベースにしたEV「スバル プラグイン ステラ」を国内の法人向けにリース販売しています。 

SUBARU_Plugin_STELLA

同車はリチウムイオン電池を採用しており、エンジンルームに総電力量9kWhで最高出力64ps、最大トルク17.3kgmを発生するモーターを搭載。航続距離は当時の10・15モードで90kmでした。 

また満充電に要する時間は家庭用100Vの交流電源で約8時間、200Vで約5時間、専用の急速充電器なら15分でバッテリー容量の80%まで充電が可能。 

SUBARU_Plugin_STELLA
(出展 富士重工業)

しかし、国内のインフラ整備が進まないことや、軽自動車の自社生産から退いたことからEV事業からも撤退。 

今回同社が米国に投入するEVはその際に蓄積した技術をベースに自社で開発を進めていく方針といいます。 

SUBARU_VIZIV

吉永社長はEV事業への再参入について「米国が一番大事な市場」「年内に実務的な方針を固める」としているそうで、国内販売は需要動向を見極めて判断する模様。 

国内競合他社が開発を進めている小型車ベースのEVとは異なり、大型モデルとなる可能性も有るそうで、同社の今後の開発動向が大いに注目されます。 

〔関連記事〕
スバルの次世代クロスオーバーがさらに進化して登場!
https://clicccar.com/2014/03/04/248576/ 

トヨタとスバルが86/BRZに続く新型SUVをコラボ開発か?
https://clicccar.com/2013/10/12/232805/ 

スバルがSUVコンセプト「VIZIV」を ジュネーブショーに出展 !
https://clicccar.com/2013/03/06/214630/ 

スバルインプレッサ「XV ハイブリッド」のスペックがNYショーで公開に !
https://clicccar.com/2013/03/31/216652/

 (Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/2014/05/24/257101/


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事