オーリス、iQにネッツ店10周年記念車を設定

ネッツトヨタ店とトヨタビスタ店が統合し、現在の新ネッツ店になったのは2004年5月。新ネッツ店誕生から10周年となり、オーリスとiQの記念車がリリースされました。

aurs1405_01オーリスの特別仕様車「150X  Blackish Lounge」は、車名の由来でもある特別設定色のブラッキッシュレッドマイカを含む全5色を設定。

aurs1405_02

ベースは「150X」で、シート表皮やインパネなどにオレンジステッチをアクセントとした本革を採用することで、上質なインテリアに仕上げています。

さらに、オーディオクラスターを艶やかなピアノブラック塗装とし、ダークシルバーの加飾をステアリングホイールやシフトノブなどに採用。

また、3眼コンビネーションメーターやスイッチ類にはクリアブルーイルミネーションが配されています。

エクステリアは16インチアルミホイール、メッキドアベルトモールディング&ブラック塗装センターピラーを備えることで、スポーティな雰囲気を演出しています。

価格は2WDが196万4618円、4WDが215万9018円です。

iq1405_01iQの特別仕様車「130Gレザーパッケージ・グランブルー」は、内・外装のカラーをネッツ店のチャンネルカラーであるブルーを貴重とした爽やかな仕様。

ボディカラーは、専用の2トーンカラーで、インテリアはピラーからルーフの内張りへブルーを配色しています。

iq1405_03iq1405_04さらに、ブルーステッチを施した本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ(CVT車)、フロントシート表皮を特別装備するなど、こちらにも随所にブルーを配しているのが特徴。

価格は7速シーケンシャルシフトマチック付のCVTが191万5527円で、6MTが186万4473円です。

(塚田勝弘)