アエロフロートが日本初公開したマンUの優勝トロフィーにはある秘密があった

サッカー英・プレミアリーグの12-13年シーズンでマンチェスター・ユナイテッド(通称マンU)が勝ち取った優勝トロフィーを日本で初めて3月9日(日)、六本木ヒルズ・ヒルズアリーナにてお披露目されました。

AEROFLOT_ManchesterUTD_23

「Aeroflot activation in United Trophy tour in Tokyo」と題したそのイベントは、ロシアの最大手航空会社で、マンチェスター・ユナイテッドの公式航空会社であるアエロフロートが、マンチェスター・ユナイテッドとコラボレーションしたプロモーション活動のひとつとして開催されたものです。

イベントにはマンチェスター・ユナイテッドでも活躍した伝説のストライカー、アンディー・コールさん、サッカー通で知られるお笑い芸人の土田晃之さんがゲストに訪れ、アエロフロート・ロシア航空日本支社長のセルゲイ・A・モイセエフさんとともに登場。

AEROFLOT_ManchesterUTD_02 AEROFLOT_ManchesterUTD_04

モイセエフ支社長は、必ず前進することが必要なスポーツを、同じく前進し続けるアエロフロートとしてサポートしていくと流暢な日本語でコメントしていました。

AEROFLOT_ManchesterUTD_03

トークの後にはホントに本物、レプリカではない英・プレミアリーグの優勝トロフィーがお披露目されました。

AEROFLOT_ManchesterUTD

ここで、アンディー・コールさんが重大な証言をします。

なんと、トロフィーの側面が凹んでいるんです!

AEROFLOT_ManchesterUTD_08 AEROFLOT_ManchesterUTD_30

これは、優勝して感極まりフィーバーした誰かが落としたもので、その選手の名前は・・・さすがスポーツマンのアンディさん、しっかり仲間は守って語りませんでしたが、そこはプロ選手経験者、「私ではありません」とハッキリ明言していました。

それからマンUと言えば、そうです香川選手です。ここで香川選手からのビデオメッセージをどうぞ。

 

そしてに、フリースタイル・フットボールの世界大会で2008年に準優勝を飾った横田陽介さんがパフォーマンスを披露。

さらに一般来場者に向けて、プレゼント大会が行われます。アエロフロートの飛行機模型や、公式サッカーボールなどの他に、なんと香川真司選手、アンデルス・リンデゴーア選手、マイケル・キャリック選手の現役3選手サイン入りユニフォームがプレゼントされました。

AEROFLOT_ManchesterUTD_16 AEROFLOT_ManchesterUTD_11

また、これ以外にもアエロフロートは様々なプロモーションを予定しています。 

4月頃には、都内商業施設にて、マンチェスター・ユナイテッドの選手を背景に写真を撮影でき、マンUの選手になりきることができるフォトブースを設置。成田空港や都内商業施設にて、ホログラムによるトロフィーのバーチャル展示、およびビジネスクラスの体験ブースを開設し、座り心地が良く、ゆったりとしたシートをトロフィーとともに体験できるそうです。

また、年内にマンチェスター・ユナイテッドのラッピング機を、成田空港にて日本で初めて公開予定とのこと。

ファンには嬉しいことばかりありそうです。

(小林和久)