発売前の軽自動車、三菱「eKスペース」をカスタマイズ出展!【東京オートサロン2014】

三菱自動車は2月発売予定のスーパーハイトワゴン「eKスペース」をベースにした「eKスペース U-tone style」や「eKカスタム ROAR Complete Concept」、「アウトランダーPHEV City Cruiser」、「デリカD:5 Desert Cruiser」などのカスタムカーを出展。 北館でトヨタブースと共に東京オートサロン2014を盛り上げます。

MITSUBISHI

「eKスペース U-tone style」はエクステリアを中心にドレスップしたモデルでルーフ部がブラックマイカの2ト-ンとなっており、ダーク調のメッキグリルやリヤコンビランプ、車高調整式サスペンション、16インチタイヤ&アルミホイールなどを装着。 

MITSUBISHI
MITSUBISHI  MITSUBISHI

「eKカスタム ROAR Complete Concept」はターボエンジンを搭載した「eKカスタム」の「T」グレードをベースに専用のグリル一体型フロントエアロバンパーやリヤエアダム、センター2本出しのスポーツマフラー、車高調整式サスペンション、16インチタイヤ&アルミホイールなどを装着したコンセプトモデル。 

MITSUBISHI

また昨年6月に米コロラド州で開催された「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2013」に参戦してEVクラスで2位、3位に入賞した「MiEV EvolutionII」や、タイ~ラオスで開催された「アジアクロスカントリーラリー2013」に参戦したラリーチームのサポートカー「アウトランダーPHEV」も併せて展示。 

MITSUBISHI

MITSUBISHI

「MiEV EvolutionII」は同社の先進技術「@earth TECHNOLOGY」の核となるEV技術の研究・開発の為に次世代EVコンポーネントを投入した競技車両で、高容量バッテリーと高出力モーターを搭載。

MITSUBISHIMITSUBISHI

フロント2個、リヤ2個の4モーターで構成する電動4WDに車両運動統合システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を組み合わせて動力性能と操縦安定性を高次元で両立していると言います。

MITSUBISHI

このように三菱ブースでは「eKスペース」のカスタマイズ車の出展やEVマシンによるモータースポーツ活動をアピールするなど、同社の意気込みが感じられる内容となっています。

MITSUBISHI

 〔関連記事〕
次期「スープラ」? トヨタがスポーツクーペ「FT-1」を公開!
【デトロイトモーターショー2014】
https://clicccar.com/2014/01/14/243755/

豊田章男トヨタ社長「レース参戦はもっといいクルマづくりの深化」
【東京オートサロン2014】
https://clicccar.com/2014/01/12/243220/

「MR-S」復活? トヨタが2シーターPHV出展【東京オートサロン2014】
https://clicccar.com/2014/01/10/242601/

スズキが東京オートサロン2014に「ハスラー カスタマイズ」を出展!
https://clicccar.com/2014/01/06/241778/

Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=243333