アクア、フィットHVにVWの対抗! 21.3km/Lに到達したVWポロ・ブルーGT【試乗01】

「アクアvsフィットハイブリッド」の燃費競争に注目が集まっていますが、ハイブリッドを使わずカタログ燃費と実燃費を向上し、新型ゴルフを筆頭にお家芸の圧倒的な品質感でディーラーへの来場者を爆発的に増やしているのがフォルクスワーゲン。

vw_polo_blue_gt04

7月だけで新車登録台数が5000台を突破したというフォルクスワーゲンですが、ゴルフの弟分であるポロにニューモデル「Polo Blue GT(ポロ・ブルーGT)」が加わりました。

小さくても確かな走行性能と巧みなパッケージングでup!に隠れがちだった感のあるポロ。しかし、「ポロ・ブルーGT」は、ゴルフに搭載された1.4Lの「TSI ACT」と同様、気筒休止システムを搭載しているのが自慢で、VW旋風に拍車をかけそうな予感がします。

vw_polo_blue_gt05

この「ACT」は1.4Lの直列4気筒ターボの低負荷時に、2番と3番のシリンダーを休止させるというもので、音や振動面の違和感など、ゴルフ同様に乗員にまったくと言っていいほどその存在を感じさせません。

トランスミッションは、ポロTSIハイラインやポロGTIの6速DSGから7速DSGにアップデートされており、さらに、かつてDSGの懸念材料だった極低速時のギクシャク感もほとんど察知できませんでした。

vw_polo_blue_gt03 vw_polo_blue_gt02

気になる燃費は、ACTとアイドリングストップの搭載などによりJC08モード21.3km/Lを達成。「ハイブリッドなし」でこの燃費は、「デュアルジェットエンジン」搭載のスイフトやミラージュ、デミオなどには及びませんが、ポロ・ブルーGTのエンジンスペックは140ps/250Nm。

これらの国産勢に対してパワーは2倍近くから2倍以上もあり、トルクも2倍から3倍近くと「エコだけど走りは我慢」ということは一切ないどころか、ファン・トゥ・ドライブを満喫できるのがすごいところ。

ポロGTIの179ps/250Nmにはパワーで多少譲りますが、トルクは同じなだけでなくトルクバンドの広さにより出だしから鋭く、急勾配でもグイグイと加速していくくらいですからビックリさせられます。

価格は263万円で、ポロTSIハイラインよりも17万円高、ポロGTIよりも38万円安と絶妙な値付けです。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。