【動画】プジョーのパイクスピークマシン208T16の姿が見えた

2013年6月30日に決勝が予定されているパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム。標高4301mの頂上まで、約20kmの峠道を一気に駆け上る、アメリカの伝統あるイベントです。そこにプジョーが「208T16パイクスピーク」 というスペシャルマシン、WRCチャンピオンのセバスチャン・ローブというドライバーで参戦するというのは既報の通り。

そのスペシャルマシンの開発シーンや外観を収めた動画が公開されています。

 Pikes-peak-206T161

前回、1989・1990年のパイクスピークチャレンジにおける405 T16をリスペクトした内容となっていて、208のメカニズムについてはまだまだ不明という状況ですが、『ボディサイズ、エンジンやタイヤの位置は市販車とは異なる』といった発表がなされています。

市販車の面影は残しているものの、パイクスピークのアンリミテッドクラスらしい、大きなウイングやディフューザー、フロント・チンスポイラーといった空力ボディに仕上がっているのは動画でも確認できるところ。またボディはパイプフレームで組み上げられているようにも見えます。 

 そしてカラーリングも気になるポイントといえそう。果たして、スポンサーのレッドブルカラーになるのか。それとも405 T16を思わせるカラーリングになるのでしょうか。

 Pikes-peak-206T162

■関連記事
【動画】プジョーがパイクスピークに帰ってきます。ドライバーはセバスチャン・ローブ!

Pikes-peak-206T163

(山本晋也)