【動画】プジョーがパイクスピークに帰ってきます。ドライバーはセバスチャン・ローブ!

プジョーは、2013年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦することを発表、同時にイメージムービーを公開しています。

peugeotreturnpikespeak2

今回のマシンは「プジョー208 T16 パイクスピーク」。ゼッケンは208番、ドライバーは、セバスチャン・ローブとアナウンスされました。マシンの詳細は4月中旬に発表予定といいますが、参戦カテゴリーはアンリミテッドクラスということですから、モンスターマシンに仕上がってくることが期待されます。

チームのメインパートナーには、トタル、レッドブル、ミシュランという布陣。PSAグループとしてのシトロエンとの結束力とレッドブルの協力が、セバスチャン・ローブというドライバーを実現させたということです。

peugeotreturnpikespeak

パイクスピークにおけるプジョー復活を宣言するイメージムービーは、1988年にアリ・バタネンが405 T16 で勝利した様子を収めたドキュメンタリー映画「クライムダンス」から構成されているもので、今回のチャレンジにも必勝体制で臨んでいるという強い決意が感じられるものになっています。

(山本晋也)