GM、フォード、テスラが「自動運転機能」活用で新事業への進出を計画か?

世界の自動車産業が「自動運転」や「EVシフト」に突き進むなか、「モデルS」や「モデルX」、「モデル3」などを次々世に送り出しているテスラ。昨年11月には2019年に生産開始予定のEVトラック「Tesla Semi(テスラ セミ)」を公開しました。

このトラックには満充電時の航続距離により、2種類のバリエーションが存在しており、車両価格は航続距離300マイル(480km)のモデルが15万ドル(約1,700万円)、同500マイル(800km)のモデルが18万ドル(約2,000万円)となるようで、ほとんどの運搬ルートの場合、片道が400km以内のため、航続距離500マイルのモデルなら、目的地で充電しなくても往復することが可能といいます。

イーロン・マスクCEOによると、「テスラ セミ」はディーゼル車より加速性能に優れるそうで、自動運転機能の搭載によりハイウェイ走行時の車線維持や車線逸脱防止、隊列走行などを実現しているそうです。

このように、「自動運転機能」を武器に新たにトラック市場に攻勢をかけるなど、商用車を含めたEVバリエーション拡充を戦略的に推し進めている「テスラ」ですが、一方でGMやフォードも新たな経営戦略を打ち出しています。

日経新聞によると、GMは2016年に買収したベンチャー「クルーズ」社の技術をベースに、「セルフドライビング タクシー」サービスを自ら手掛けるそうで、高利益率事業の実現を目指す模様。またフォードも自動運転車を活用したサービス展開計画をデトロイトショー2018で発表。2016年に買収した「チャリオット」社と共同でライドシェア(相乗り)サービスに乗り出すそうです。

このように米国の大手自動車メーカーは、これまでの車両開発/生産/販売に加え、「自動運転機能」を活用した自動車関連サービス事業への進出を計画している模様で、今後の動向が大いに注目されます。

Avanti Yasunori・画像:TESLA)

【関連記事】

ジャガー・ランドローバーが目指す「セルフ ドライビング タクシー」サービスとは?
https://clicccar.com/2018/01/24/553139/

テスラ、先進のEVトラック「セミ(Semi)」を2019年に発売 1,700万円~
https://clicccar.com/2017/11/25/534915/

テスラ初となるEVトラック「セミ」と新型「ロードスター」を一挙公開!
https://clicccar.com/2017/11/20/533145/

『自動運転』の最新記事
東陽テクニカ
自動運転に一歩近づく!? クルマと歩行者の位置関係を約5cmの精度で検出する技術とは?
日産・プロパイロット2.0試乗中の清水和夫さん
清水和夫さんに聞きました。「自動運行装置の保安基準等の概要」って…ナニ?
自動運転トラック
トラックにも自動運転の波!  高速道路で複数台の隊列走行の実験が進められているワケ
自動運転
自動運転車のレベル3とか4ってなに? 0から5まで区分されている理由と、それぞれの意味
自動運転
改正道交法で4月から自動運転がOKに。噂の「ながらスマホの解禁」は本当?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事