北極冒険をイメージしたプジョー3008ナパピリは価格据置の特別仕様車

プジョーのCセグメント・クロスオーバー「3008」に特別仕様車『 Napapijri(ナパピリ)』が登場、50台限定で2013年2月25日より発売開始されます。

ナパピリは、北極圏へ到達したノルウェーの冒険家アムンゼンをリスペクトしたイタリアのファッションブランドで、そのコンセプトは「日常の冒険」。まさにMPVとSUVのクロスオーバーである3008にはマッチしたブランドとのコラボレーションというわけです。

3008プレミアムをベースとしたということで特徴的なパノラミックガラスルーフは当然装備しています。さらに、この特別仕様車にはバイキセノンディレクショナルヘッドライトや17インチアルミホイールを追加しています。

インテリアでは専用品となるグレーレザーとアルカンタラのコンビネーションシート(運転席電動、フロントシートヒーター付き)や專用フロアマットを採用しています。またホイール、 フロントドア、リアゲート、ステップガード、ステアリングホイール メタルリング、 B ピラーに「Napapijri」のロゴをプラスして、コラボレーションによる独自の世界観を生み出している点も見逃せません。

エンジンは1.6L 4気筒DOHCで、変速機は6AT、ハンドル位置は右。 メーカー希望小売価格は、ベース車から据え置きの339万円。ボディカラーはパール・ホワイトの設定となっています。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。