アルファロメオの小型スポーツカー「4C」が世界初公開【ジュネーブモーターショー】

カーボン製の軽量ボディに、パワフルなターボエンジンをミッドシップに搭載するアルファロメオの2シータースポーツカー「4C」。これまでプロトタイプ、コンセプトカーとして数々のモーターショーで話題を集めて来ましたが、2013年3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2013において、いよいよプロダクトバージョンが世界初公開されます。

現時点ではイラストの発表にとどまっていますが、アルファロメオのスポーツカーらしいエクステリアが示されています。

ボディサイズは全長4m、全幅2m、全高1.18m、ホイールベース2.4m(未満)になるとアナウンスされました。そのボディはカーボン製で、パワーウエイトレシオは4kg/psを実現しているとのことです。 

パワートレインにも注目です。

エンジンはアルミ製の1750cc 4気筒 直噴ターボ。ターボラグを軽減するための工夫が施され、スポーツカーらしい走りが味わえそう。1750ccという排気量の数字も、アルファロメオの伝統を受け継ぐアイコンになっています。

トランスミッションは乾式デュアルクラッチのTCTで、パドルシフトによって操作するタイプになると発表されています。またインテリアはカーボン地をむき出しにすることで、軽さとレーシーさをアピールするそうです。

価格などの詳細はジュネーブモーターショーにて発表されるということですが、北米市場も含めて2013年内に発売開始するということは発表。アルファロメオがドライビングプレジャーを最大限に追求したという、このコンパクトなミッドシップカーには世界中のスポーツカーファンの熱い視線が注がれているといえそうです。

(山本晋也)