トヨタがプリウスを一部改良 非常時に役立つ給電機能を追加 !

トヨタ自動車㈱が22日、プリウス、プリウスPHVの一部改良を発表しました。 


プリウスのフロントコンソールトレイとラゲージスペースにAC100V電源を1500Wまで使用可能とするアクセサリーコンセントがオプション設定に。これにより停電などの非常時に車両から給電が可能となり、テレビやパソコン、携帯電話の充電など生活に必要な電力が使えます。

プリウス アクセサリーコンセント

またプリウスPHVでは上記に加えて、充電ポートに差し込んでドアや窓を閉じた状態でも車外への電源供給を可能とする「ヴィークルパワーコネクター」をセットでオプション設定。PHVならではの電池容量を活かしてアイドリング無しでも使用できるとのこと。

プリウスPHV ヴィークルパワーコネクター

車外で炊飯器も使えてしまう便利さ。プリウスPHVの活躍の場が広がりそうです。 

車外で炊飯器も使用可能に

その他ではプリウスに新しいボディカラー3色を採用した特別仕様車が、プリウスPHVには15万円安い新グレードと新色が、プリウスαには7名乗車の3列シート車に新グレードが3車型それぞれ追加に。 

プリウス ディープアメジストマイカメタリック

プリウス、プリウスαは10/22発売。プリウスPHVは11/1に発売予定です。

■プリウス 詳細情報 http://toyota.jp/prius/index.html
■プリウス 特別仕様車詳細情報 http://toyota.jp/prius/mycoorde/index.html
■プリウス PHV詳細情報 http://toyota.jp/priusphv/index.html
■プリウスα詳細情報 http://toyota.jp/priusalpha/index.html

Avanti Yasunori

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=202646

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。