まさに墓場! 魔のコーナーに引きずり込まれるクルマ達【動画】

9月14日から16日に北海道で行なわれたラリー北海道。アジアパシフィックラリー選手権と全日本ラリー選手権の併催で、日本のラリーでは一番走行距離も長い最大の大会です。

facebookやTwitterで自宅から競技の様子を追いかけていると15日の午後、いきなり衝撃的な写真がアップされました。


(写真 CUSCOジュニアラリーチーム)

うわーっ!何だこれは?どういう状況だ?
ラリーは1台ずつでステージを走りタイムを競うので、レースのようにマシン同士がぶつかってコースアウトということはありえません。つまり、ここに写っているマシンはすべて、引き込まれるようにコースアウトしていったということなのです。

すごい勢いで刺さってますねぇ。

続いてはそのクラッシュをドライバー目線でどうぞ。問題の場所は2分7秒から。

CUSCOジュニアラリーチームのプロトン サトリア・ネオ 佐藤りあちゃん号のインカーカメラ映像です。

ラリー北海道でオーバーオールで総合優勝した新井敏弘選手も、実はこの場所でコースアウトしているのですが・・・

なんと、木をなぎ倒した上に自力で脱出!さすが世界の新井。

このなぎ倒された木を避けながら走る後続のマシンも相当大変なようです。

この木の様子をインカーカメラでどうぞ。全日本ラリーJN4クラス 鎌田卓麻選手の映像です。問題の場所は1分50秒から58秒の間。

(北森涼介)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事