「SKYACTIV ボディ」採用のMAZDA 「CX-5」が欧州の衝突安全評価で最高評価 !

マツダが5月23日、「SKYACTIV ボディ」を採用した「CX-5」が欧州の安全性能評価基準である「ユーロNCAP(European New Car Assessment Programme)」において最高ランクの5つ星を獲得したと発表しました。

3月にはIIHS(米国道路安全保険協会)の「トップセーフティピック2012」にも認定されており、これで「CX-5」の安全性能が世界トップレベルであることが証明されたとしています。

 

2009年から新評価システムが導入されたユーロNCAPでは64km/hオフセット前突や50km/h側突、29km/hポール側突、後面衝突時の頚部保護、歩行者保護の各衝突試験とESC(横滑り防止装置)性能等の試験が実施されています。

2012年から歩行者保護評価や総合評価において、5つ星の獲得基準が一段と厳しくなっている中、「CX-5」は「成人乗員保護性能」、「子供保護性能」、「歩行者保護性能」、「安全補助装置性能」の4つのカテゴリ全てにおいて5つ星を獲得。

 

世界最高強度の高張力鋼板をボディの61%に使用し、軽量化と衝突安全性能を両立。
MAZDAは今後もこの「SKYACTIV ボディ」を順次導入していく予定のようです。

 (Avanti Yasunori


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事