フツウのクルマ “カローラ” がフルモデルチェンジしたのでフツウじゃないカローラを探してみた

先日、新型カローラアクシオとカローラフィールダーが発売されましたね!

新型のカローラの詳しい説明は別に譲るとしまして、今回はカローラファミリーの中でもちょっと毛色の違う3台の中古車をご紹介致します!

 

まず最初にご紹介するのはコチラ!

■トヨタ カローラ GT 黒ヘッド4スロ コーティング済 保証付
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700054050920111201004.html

一見すると普通の8代目カローラセダン(1995~2000年)にしか見えませんが、実はコレ「GT」というグレードでして、あの名機と言われ今でも多くのファンの心を掴んでいる「4A-G」エンジンを搭載しているグレードなんです。

ノーマルでも8000回転を許容し、最高出力も7800回転で165馬力を叩き出すテンロクエンジンを、こんな普通なナリをしたセダンに搭載してしまうなんて・・・ステキだと思いませんか?

現車は走行が7.5万キロと年式に比べ少なく修復歴もナシ!ミッションはATとなっていますが、ファミリーカーとしても使うのであればむしろ好都合かもしれませんね。

そんな羊の皮を被った狼が車検整備付きで40万を切るお値段で狙えてしまいますよ!

 

 

続いてご紹介するのはコチラです。

■トヨタ スプリンターマリノ Gタイプ エクストラパッケージ 5速 4AG 160馬力
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700050087320110225004.html

こちらは8代目までカローラの兄弟車としてネッツ店(旧オート店)で販売されていた「スプリンター」の派生車種であるスプリンターマリノ(1992~1998年)です。

このクルマの最大の特徴は低いルーフを用いたハードトップボディで、今でいうところのメルセデスベンツCLSのような4ドアクーペとも言える佇まい・・・時代を先取りしすぎてしまったのかもしれません・・・。

もちろんこのモデルにも名機「4A-G」を搭載した「Gタイプ」というグレードがあり、当該中古車はまさにそのグレードとなります。しかもこちらはMTとなっていて、華麗にギアを操れば2リッタークラスのクルマをカモれるほどの実力を秘めたモデルですヨ。

年式は古いですが、5.8万キロで車両価格も29万円ととてもお手頃。練習用にするには勿体ないかもしれません!

 

 

最後にご紹介するのはかなり古いモデルになってしまいますが、コチラ。

■トヨタ カローラFX GTリミテッド 4AG フルノーマル
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020518320120513001.html

こちらはカローラの2BOXとして発売されたカローラFXの初代モデル(1984年~1987年)となります。

E80系のスポーツモデルというと、どうしてもAE86レビン&トレノがイメージされがちかとは思いますが、このFXも全日本ツーリングカー選手権でも優勝争いをするなど、モータースポーツではかなり活躍したモデルでした。

最早街中でもほぼ見かけることの無くなった初代カローラFX。今回ご紹介した中古車はワンオーナーのフルノーマル。
しかも修復歴もなく、サンルーフまでついていてナント走行1.5万キロ!

ここまで程度のよさそうな車両はもうなかなか出てこないのではないでしょうか?
そう考えると59.5万円の値札も高くないかも・・・と思ってしまいます。

ということで、ちょっと変わったカローラシリーズをご紹介させていただきましたが、いかがでしょうか?ちょっと古いモデルでもまだまだ魅力的、かつお買い得なモデルが沢山ありますよ!

参考>>>Goo-net

 

(小鮒 康一)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事