トヨタFT-86、ここまでわかった! 市販車発表目前情報

東京モーターショーでの市販車デビューを1ヶ月後に控え、FT-86に関する情報が数々囁かれるようになって来ました。既に販売店には分厚いスタッフ・マニュアルが届いているようで、外観や内装、グレード・バリエーション、パッケージ内容も記載されている模様。

但し、車両ネーミングについてはモーターショー開幕まで用心深く伏せられているようで、巷では「レビン?」、 「トレノ?」、果ては 「セリカ?」といった憶測が飛び交っているようです。実際のところ、どうなのか気になるところです。

発売は2012年3月以降のようですが、一部噂では既に予約を受け付けているという情報も。大量生産する種類のクルマでは無いので、トヨタとしても生産計画上、実際にどの程度のオーダーが入るのか見極めているのかもしれません。

さて、FT-86の最新予測スペックは以下となります。

・スリーサイズ    全長4,240×全幅1,775×全高1,285 
・車重         コンペティションモデル:1,190kg、上級モデル:1,230kg
・最小回転半径    5.4m
・エンジン       2.0L 自然吸気 直噴D-4S 水平対向 4気筒
                                    最大出力:200ps/7,000rpm 最大トルク20,9kgm/6,600rpm
・ミッション        6MT、6AT
・燃費          JC08モード:12.4㎞/L
・タイヤサイズ     215/45R17
・駆動方式       FR
・乗車定員      4名
・車両価格      標準グレード:250万円  コンペティションモデル:196万円
                                                                               (エアコンレス、鉄ホイール等の簡素仕様)
・発売日        2012年3月

続いて車両外観については海外メディアが公開しているリアルなCGを御覧下さい。実車画像を元に描いているようで、コンセプトモデルのFT-86Ⅱとは随所が異なる事が判ります。

まずフロント廻りではヘッドランプ外側の回り込み形状がスクープ車両同様に円弧を描いており、バンパー両サイドのランプ配置も異なります。フェンダーサイド上部の放熱穴は塞がれ、オーナメントが設定されている模様。(ターボ無しなので排熱不要?)

テールランプも同様に丸みを帯びた小ぶりなものに改められ、ライセンスプレートはバンパー内からラゲッジドア背面へ移動しています。これもスクープ車両どおり。リヤフェンダーの張り出し感が実車で見るとかなり迫力が有りそうです。

それにしてもWRCカラーが絶妙に似合いますね。こんなドレスアップもアリかもしれません。

インテリアの画像は先日のニュル耐久レース出場時の物しか有りませんが、アルテッツァ風の3眼タイプで中央には赤針の白タコがデン!と構えているようです。センターコンソール廻りのデザインも何処と無くアルテッツァ風。

赤ステッチ入り黒/赤ツートーンのバケットシートやアルミ製ペダル類がスポーツカーである事を主張。ステアリングホイールはLFA風のグリップタイプの物が採用されている模様。

以上が最新情報となります。詳細については是非、東京モータショー会場でチェックを。

※こちらも併せてお読み下さい。
 ・トヨタFT-86市販車の最終スペック全容が判明!! 【保存版】
 ・トヨタFT-86がオールヌードでメディアに登場!! 【海外スクープ】
 ・トヨタFT-86市販モデルに見えるTOYOTA 2000GTの面影はコレ!
 ・FT-86の価格からわかるトヨタが狙う新ハチロクのターゲットユーザー層とは?
 ・トヨタFT-86 TRDバージョンの全容が判明!!

 (Avanti Yasunori )

【画像がすべて見られない方は>>>  https://clicccar.com/75081

外部引用リンク
http://rampantrenders.com/wp-content/uploads/FT-86_de-camo_white_front.jpg

http://rampantrenders.com/wp-content/uploads/FT-86_de-camo_white_rear.jpg

http://rampantrenders.com/wp-content/uploads/FT-86_de-camo_castrol_front.jpg

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。