ジャカルタの中古車店で自動車の人気ランキングを聞いてみました【インドネシア自動車事情】

バブル経済に突入しているかもしれない、とも思えるインドネシアですが、街中には比較的新しいきれいなクルマで溢れています。

最近になってクルマを買った人が多いのがわかります。

そんなインドネシアで人気なのは・・・とすれば、一般庶民の中からちょっと抜け出したような層が購入するキジャンあたりが販売台数でナンバーワンとなり「人気のクルマ」と言えなくもないんですが、ここではあこがれの意味を込めた人気のクルマを聞いてみました。

お聞きしたのは、「Ayun Jaya MOTOR」さん。中古車店といっても、比較的富裕層のお客さんが多く集まります。

お見せにきてみると、お話をお聞きするまでもなく、そこに並んでいる台数の多さから人気なのはアルファード/ヴェルファイヤだとわかります。

トヨタのクルマでもインドネシアの工場で作っていればいいのですが、アルファード/ヴェルファイヤは日本製のため、輸入すると税金が高くなってしまい、庶民の買えるクルマではなくなります。それで、憧れ度合いはさらに高まる訳です。

そして、装備品のアリナシが重要で、サンルーフ、パワーバックドア、リヤ/サイド/フロントのカメラは3種の神器といえるほど必需品だそうです。

その他に人気なのは、圧倒的にランクル。それから、ハリアーだそうです。

では、お金持ちになってもスポーツカーに乗らないのか?という質問に対しては、いなくはないが、少数派だとのこと。というのも、インドネシアは道路の路面状況がよくないことと、スコールなどによる洪水が発生するため、車高が高めのクルマにどうしても人気が集中するそうです。

また、家族は平均的に4人くらいの子供がいるため、6人以上乗れるクルマに人気が集まります。

日本のようにクルマ好きがスポーツカー中心だったのがミニバンなどを含んで多様化したのと違い、いきなりミニバンやSUVが憧れのクルマになったのがインドネシアでの自動車人気の現状と言えるようです。

(小林和久)

【すべての写真が見れない人はコチラ>>>https://clicccar.com/46208

 

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。