イマドキ“低けりゃイイ”ってのこれです【トヨタFT-86/スバルボクサースポーツ】

クルマ好きにとって、今年イチバンの注目車種といえばトヨタの「FT-86」。開発現場から漏れ伝わってきた情報によると、徹底的にこだわっているのは「重心」なんだとか。エンジンは水平対向の4気筒ですが、搭載位置はなんと現行インプレッサ比で120mm低く、240mmも後方へレイアウト。かなり気合いの入った設計になっています。


「メカニズム配置はFT-86市販版と同じ」というスバル「FRスポーツカーアーキテクチャー」

もうひとつ、ぜひともお知らせしたいのが全高の低さ。

トヨタの「FT-86」もスバル版も、公開されたモーターショー出展車両の全高は1270mmと公表されていますが、市販の際もほとんど変わらない高さとなる模様。これは「AE-86」に比べると65mmも低く、「S-13シルビア」と比べても20mmのダウンで、カッコいいです。

どのくらい低いかっていうと……

 

 

妙に楽しそうなスバルの美人広報、小宮さん(身長157cm)と比べてもこんなに低い!

クルマややっぱり低くてナンボですよね!

 

(工藤貴宏)