都内のガソリン供給は平常に #jishin

3月27日(日)環七の豊玉陸橋から鹿浜橋までガソリンスタンドの状況をチェックしてみました。まずは環七の交通状況です。震災前の休日に比べると明らかに交通量は減少していますね。お出かけには良い陽気なのに……

こちらの写真は正午頃の西武有楽町線、新桜台駅前付近です。いつもなら交通量の多い道なのですが、今日はクルマがまばらです。

豊玉のセルフサービスのエッソ。一台のみ並んでいますが、ほぼ平常どおりですね。レギュラーは148円、ガソリンの値段もお落ち着いてきたようです。先週は軽油が品切れのガソリンスタンドも散見されましたが、今日は大丈夫なようです。

板橋区に入りました。こちらのセルフのゼネラル石油も数台の待ちで平常通りです。

タンクローリーが納品していました。モービル、ゼネラル、エッソとグループ企業なんですね。調べてみると世界6大メジャーの「エクソンモービル」の3ブランドだそうで。

先ほどニュースでやっていたのですが、東北の方ではタンクローリーの運転手さんがガソリンを求める暴漢に襲われることが多発。積み下ろしの作業中も怖くてクルマから下りることができないそうです。まったく映画「マッドマックス」のようですね。運転手さん殴ってもガソリンは手に入らないのに……

中山道近くのガソリンスタンドも平常どおりです。

斜向かいの「シェル石油」は150円と近隣と1~2円お高めのせいでしょうか、閑古鳥。ボクは個人的にシェルのハイオク好きなんですけどね。

ちいと高いだけで空いているということは、ほぼ正通りに需要と供給のバランスが取れているっていうことですよね。逆にこれ見て安心しました。

 

ガソリンの値段は安定してきたようです。クリッカーでもお伝えしましたが、レギュラーガソリンの小売価格が3カ月連続で160円を超えますと、リッター当たりの特例税率「53.8円」が、特例税率から外れることによって、本来の税率である「28.7円」が適用され、ガソリンが逆に安くなるんです。(詳しくは・・・)

そんなわけで、高くなることも期待しつつ、ガソリン価格のサーチを続けていたのですが、どうやら供給、価格ともに都内に関しましては落着というところです。

 ボクたちクリッカー編集部は、今週から東京を離れて東北方面に足を運びます。クルマメディアの目から震災の状況、インフラの復興程度、クルマと人とのかかわり合いなど、レポートいたします。どうぞご期待ください。また取材してほしいことがありましたら投稿ください、お待ちしています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事