【東京-大阪i-MiEVで航続距離に挑戦】あわわ、急速充電器にはリーフがつながってるじゃん! どーする?

とりあえず次の充電スポットはららぽーと磐田に決めた。

現在、19:30。充電受付時間という20:30は、オレのドライビングテクニックを持ってすれば、楽勝だゼ。

残り航続距離に対しても、十分以上の余裕があるので、この長旅で初めてのアクセル全開を試みた。

速いじゃん、i-MiEV。

高速の接続路で一気い100km/hまで加速する。

少なくともフツウの軽自動車では味わえない加速感、トルク感だ。

ららぽーと磐田は、遠州豊田サービスエリアにほぼ直結したショッピングセンター。

ETC専用出口から5分もかからない。

なんだか焦り気味で無口になってるテングダンディに、ウィットに飛んだアメリカン・ジョークなどを聞かせながら場を和ませ、サービスエリアへの分岐に向け左ウインカーを出した。

ん? ETC専用?? えー、このi-MiEVはETCついてないじゃん!

あぶないあぶない。危うくETCもないのにETC出口に向かうところだった。

そんなこんなで20:20にはららぽーとへ到着。P場警備員さんに場所を聞き、余裕で充電スポットへ。

おや? 充電専用スペースに不届きものが駐車してるゾ。EVじゃないクルマが充電スペースに止めてしまう問題って、早くも発生しているんだな。車椅子マークのスペースに止めてしまうマナー違反と同じじゃん、などと考えていたら、ががーん! そこに鎮座するのは日産リーフ様じゃありませんか!! 急速充電器のコネクターはリーフの鼻にブッ刺さってるじゃん!!!

すでに急速充電器の“取り合い”が始まっていたのでした。

 

待つこと15分、リーフのオーナーさんが戻って来られました。

「早くどかしてくれねーかなぁ、こちとらあせってんだよぉ」と、内心思いつつもにこやかに、「わあ、スゴいですね。リーフをお持ちなんですかぁ」とフレンドリーに話しかけると、「あーごめんなさいね、すぐにどかしますから」と友好的に返して下さいました。

 

しばらく電気自動車や充電スポットの現状など、お互いの状況や経験談を交換しつつ、最近こういう初対面の人とクルマ談義するのってなかったよな、と電気自動車という新ジャンルヴィークルの新たなメリットを感じつつ、場所を譲っていただき、無事コネクターON!

なんとか、今晩の宿にたどり着きました。

このホテルでは、先ほどお話しして100Vコンセントをお借りできることになっていたので、今夜はちょっとだけ安心して眠りにつくことができそうです。

おやすみなさい。

(小林和久)