レクサス「GX」次期型、ヘッドライトを先行初公開

■ドロにまみれたヘッドライト、内部に矢印の形をしたLED

レクサスは、海外専用モデルとして展開している大型クロスオーバーSUV「GX」次期型のティザーイメージ2点を初公開しました。

レクサス GX次期型 予想CG
レクサス GX次期型 予想CG

GXはトヨタ「ランドクルーザー プラド」の兄弟車にあたる人気モデルで、初代「GX470」は2002年デトロイトモーターショーで登場。ランドクルーザー プラドをベースに、インテリアなどを高級化したモデルです。

レクサスの中では最上級SUVの「LX」と「RX」の中間を埋める存在で、これまで何度も日本導入の噂がありましたが、実現していません。

レクサス GX次期型 ティザーイメージ
レクサス GX次期型 ティザーイメージ

公開されたティザーイメージの1枚からは、ドロにまみれたヘッドライトを装備、内部には矢印の形をしたLEDデイタイムランニングライトが見てとれるほか、上部には3つの異なるランプが配置されています。

ボンネットフードの外縁には盛り上がった部分があり、フェンダーにはボックス状のフレアがあるように見え、グリルには鋭いエッジも確認できます。

リアエンドの一部の画像では、「LEXUS」のブランドロゴ、その下の赤いバーはLEDテールライトの接続している可能性もありそうです。

新型GXは「GA-F」ボディオンフレームプラットフォームを採用していると伝えられ、パワートレーンは不明ながら、最新のハイブリッドパワートレーンを搭載すると噂されています。

レクサス GX次期型 ティザーイメージ
レクサス GX次期型 ティザーイメージ

2021年に日本特許庁に「GX550」の商標登録がなされたのに続き、この1月には「東京オートサロン2023」に併催されたアウトドアショーで公式に「GX460」が展示されました。

また、昨年フルモデルチェンジを果たした新型RXは、それまでラインアップされていた3列7人乗りモデルが廃止されるなど、フルモデルチェンジが近いこともあり、一気に日本導入への期待が高まっています。

果たして日本市場導入はあるのでしょうか、GX新型のワールドプレミアは、今後数日以内に行われると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO 近影

APOLLO

アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年には・・・