その名は「エースマン」。MINI「クラブマン」後継のEVクロスオーバーをスクープ

■専用のEVプラットフォームを採用するブランド初のEVクロスオーバー

MINIは現在、ブランド史上初となるフルエレクトリッククロスオーバー「Aceman」(エースマン)を開発中ですが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

MINI エースマン_004
MINI エースマン 市販型プロトタイプ スパイショット

ドイツ・ミュンヘンで交通渋滞に巻き込まれたプロトタイプは、以前と変わらぬカモフラージュが見てとれます。

ただし、路上で撮影された分、サイズ感がわかりやすく、EV版クロスオーバーというより実際は若干小さく感じます。また将来、シューティングブレイク「クラブマン」に取って代わる可能性もあるようです。

MINI エースマン_006
MINI エースマン 市販型プロトタイプ スパイショット

市販型では、中国のメーカーであるグレートウォールと共同開発した専用のEVプラットフォームを採用、今後登場する全電動ミニハッチと共有することになります。

ボディはクロスオーバーよりコンパクトながら、EVであるためエンジン、トランスミッション、排気システム、また燃料タンクが排除され、內部は意外と広いはずです。

MINI エースマン_011
MINI エースマン 市販型プロトタイプ スパイショット

エースマンコンセプトは、2022年7月にデビューし、ソリッドグリルと角張ったヘッドライトを備えた、見慣れたミニの顔とは一線を画したデザインが見てとれました。プロトタイプでは、5点LEDを備えるヘッドライトを装備、その周辺を楕円形トリムでカモフラージュしています。

側面ではBMWスタイルのドアハンドルを装備、後部にはユニオンジャックのLEDテールライトの一部が見られ、MINIらしさを失っていません。

コンセプト內部には、中央に大きな丸いスクリーンを備えたミニマリストのレイアウトと、ダッシュボード全体を情報で照らすことができるプロジェクションシステムを特徴としていました。市販型のコクピットはまだ明らかになっておらず、プロジェクターが搭載される可能性は低いですが、円形の中央スクリーンは確かに可能性がありそうです。

パワートレインは、AWD用のデュアルモーターを搭載することが濃厚ですが、スペックは不明です。

MINIエースマンの市販モデルは、2024年のワールドプレミアが予想されており、ハッチバックに次ぐブランド2番目のBEVになるとともに、初のクロスオーバーEVとして誕生します。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?