BMWのコンパクトEVクーペSUV「iX2」を初スクープ。日本への上陸も決定!?

■「X2」次期型のフルエレクトリックバージョン

BMWは現在、コンパクトクロスオーバーSUV「X2」次期型を開発中ですが、そのフルエレクトリックバージョンとなる「iX2」市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

BMW iX2_004
BMW iX2 市販型プロトタイプ スパイショット

電動化に特化した「iX」シリーズでは、2020年に電動版X3となる「iX3」を発表。その後「iX」を導入し、今年始めにはX1の電動版「iX1」がワールドプレミアされました。

iX2は本格クーペSUVとして生まれ変わる「X2」のエレクトリック版になるとともに、同ブランドでは初のEVクーペSUVになります。

BMW iX2_009
BMW iX2 市販型プロトタイプ スパイショット

捉えたプロトタイプは、先日目撃したX2次期型プロトタイプとよく似ています。ただし、フロントドアとテールゲートには「Electric Vehicle」のステッカーが貼られ、閉じたキドニーグリルを装備、後部での排気システムの欠如が、このプロトタイプのパワートレインを明らかにしているといっていいでしょう。

側面から見ると、X2次期型プロトタイプ同様に先代より劇的に進化したクーペルーフを採用、ハイライディングスポーツカーの印象を与えています。

後部では、近肉質のDピラー、スポーティに跳ね上がるトランクリッドスポイラーが確認できますが、テールライトは、プレースホルダー(ダミーコンポーネント)です。

BMW iX2_005
BMW iX2 市販型プロトタイプ スパイショット

キャビン内では、10.25インチのデジタルインストルメントクラスターと、10.7インチのインフォテインメントシステムで構成される曲面ディスプレイを配置する、同ブランド「iDrive8」システムが搭載されるなど、他のBMWモデルが設定したトレンドに従うと予想されます。

パワートレインは、iX1とパワートレインを共有することが期待されており、どちらも「FAAR」プラットフォームに乗ります。

iX1には、各車軸に1つずつデュアルモーターのセットアップが積まれており、最高出力313ps・最大トルク494Nmのトルクを生成します。これは、第3世代のX1ファミリーの中で最も強力で、停止状態から5.7秒で時速62マイル(時速100km/h)に達します。

iX2では、より空力的なボディにより、0-100km/h加速や、航続距離がわずかに伸びる可能性もあるでしょう。

iX2のワールドプレミアは、X2次期型とともに2023年内のデビューが予想されています。日本市場では、「iX1」「iX3」「iX」が導入されていることからも、この「iX2」の発売も有力といっていいでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?