アルパインの新製品「Xプレミアムサウンドスピーカー」が発売。圧倒的な高音質を実現

■リアルなサウンドと臨場感を実現する、大口径18cm、17cm、7×10インチの4モデルが登場

アルパインマーケティングは、2022年12月下旬から「Xプレミアムサウンドスピーカー」の新製品を発売します。

同スピーカーは、目の前で演奏しているようなダイナミックな音場空間を創出する高級スピーカー。「リアルダイナミック」というコンセプトを掲げ、技術革新により原音を忠実に、躍動的に表現することを可能にしています。

アルパイン
17cmコアキシャル2ウェイスピーカーの「x-171c」

ウーファーには、新たにカーボンファイバー振動板が採用され、カーボンファイバーとパルプの2層構造により、軽量・高剛性かつ適度な内部損失の両立を実現。低音域、中音域が強化されることで、力強くも繊細な音の再生を享受できます。

アルパイン Xプレミアムサウンドスピーカー
17cmセパレート2ウェイスピーカーの「x-171s」

さらに、ダブルギャザードエッジにより、理想の振幅特性を実現。シームレスな音伝達を可能として不要な振動を排除することで音の伝達性能が向上したとしています。

ツィーターのボイスコイルの巻き線に、6N8高純度銅(99.99998%)が使われていて、巻き芯(ボビン)の補強にも高密度セルロースナノファイバーシートが用意されるなど、解像度の高いクリアな高音域の再現を可能にしているそう。もちろん、圧倒的情報量を持つ高音質のハイレゾにも対応しています。

アルパイン Xプレミアムサウンドスピーカー
18cmセパレート2ウェイスピーカーの「x-181s」

コロナ禍で車内での移動が多くなり、よい音で好きな音楽を楽しみたいというニーズも増しています。まずは、高音質を享受できるスピーカーから手を入れていくことが定番となっています。

大口径18cm、17cm、7×10インチの4モデルが揃った「Xプレミアムサウンドスピーカー」の新製品には、最新技術が満載されています。

■税込価格/発売時期
「X-171C 17cmコアキシャルスピーカー」:2万8600円(取付費別)
専用ネットワーク付属/12月下旬発売予定

「X-171S 17cmセパレート2ウェイスピーカー」:4万700円
2.5cmツィーター/専用ネットワーク付属/12月下旬発売予定

「X-181S 18cmセパレート2ウェイスピーカー」:4万6200円
2.5cmツィーター/専用ネットワーク付属/12月下旬発売予定
※装着には別売のKTX-Y180XB(X-181S専用アルミバッフルボード:7150円)が必要。

「X-711S 7×10インチセパレート2ウェイスピーカー」:4万8400円
2.5cmツィーター/専用ネットワーク付属/12月下旬発売予定
※装着には別売のKTX-Y710XB(X-711S専用アルミバッフルボード:7700円)が必要。

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。