BMW・M5の最新プロトタイプをキャッチ。カーブドディスプレイを搭載

■スポーティなフラットボトムステアリングホイールも確認

BMWが現在開発中のハードコアセダン「M5」次期型の最新プロトタイプを捉えると同時に、そのコクピットをカメラが初めて捉えました。

BMW M5_004
BMW M5 次期型プロトタイプ スパイショット

捉えたプロトタイプは、依然としてエクステリアディテールを隠していますが、シート、ダッシュボード、センターコンソールなど内部が明らかになりました。

ドライバーズシートの前には、スポーティなフラットボトムステアリングホイールを装備。ステアリングにはいくつかの物理的ボタンがあるほか、パドルシフトが後ろに隠れています。また「M」ブランドカラーと、センターマーカーのように見える3色ステッチが施された高級レザー仕上げとなっているようです。

BMW M5_001
BMW M5 次期型プロトタイプ スパイショット

最大の変更点は、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、14.9インチのインフォテインメントシステムで構成されるカーブドディスプレイの搭載でしょう。

おそらく、iDrive 8ソフトウェアの最新バージョンがその画面で実行され、音声コマンドや接続が改善、新しいクラウド機能が追加されるなど期待できるはずです。

助手席側の大型スクリーンは車両の一部ではなく、テストドライバーがプロトタイプからデータを収集し、監視するために使用するものと思われます。ほかでは、ミニマリストのダッシュボードと、進化したセンターコンソール、ホールド性の高いスポーツシートが確認できます。

コンソールは見慣れたものに見えますが、さまざまな新しいコントロールを備えています。詳細はわかりにくいですが、ミニマリストのシフターと、よりモダンなiDriveコントローラーが見てとれます。

BMW M5_012
BMW M5 次期型プロトタイプ スパイショット

エクステリアでは、M4 CSLを反映したアグレッシブなグリル、垂直エアカーテンやサイドに回り込むスリムなLEDヘッドライトなどが装備されています。

また、運転席側フロントフェンダーに充電ポートを配置、足回りでは高性能ブレーキシステムによってバックアップされた軽量ホイールも見られます。側面ではスポーティなサイドスカートを装着し、リアエンドにはさりげないスポイラー、クワッドエキゾーストパイプがインストールされています。

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンに電気モーターを組み合わせ、最高出力は650psを発揮するプラウドが予想されます。

「コンペティション」モデルでは、最高出力750ps以上・最大トルク1000Nmを発揮する可能性がありそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?