ホンダの500ccクルーザー「レブル500」に2023年新色が登場。最新の排出ガス規制にも対応

■価格は83万6000円、2023年1月26日に発売

ホンダは、471cc・直列2気筒エンジンを搭載するクルーザーモデル「レブル500(Rebel500)」の2023年モデルを発表しました。

ホンダのレブル500に2023年モデル登場
レブル500のマットジーンズブルーメタリック

タフでクールなイメージのスタイリングに、軽量で取り回ししやすいサイズの車体や、扱いやすい出力特性のエンジンを搭載することで、幅広い層に人気のモデルがレブル500。

その2023年モデルでは、カラーリングを一新すると共に、最新の令和2年排出ガス規制に適合させるなどのアップデートを実施。2023年1月26日に発売される予定です。

●扱いやすい車体やエンジン特性が魅力

2017年に、250ccの軽二輪モデル「レブル250」と同時に登場したのがレブル500。レブル250が249ccのDOHC単気筒エンジンを搭載するのに対し、471ccのDOHC直列2気筒エンジンを採用。低回転域でのトルクフルで扱いやすい特性と、高回転まで気持ちいい伸び感のある出力特性を実現しています。

シンプルながら迫力もあるスタイリングは、250ccモデルと共通。印象的な形状のフューエルタンク、ライダーの股下でくびれを持たせたナロースタイル形状のフレームボディなどにより、タフでクールなイメージを演出。また、自由な発想でカスタマイズを想起させる外観としています。

ホンダのレブル500に2023年モデル登場
レブル500のエンジン特性

加えて、車両重量191kgという軽量な車体を採用。690mmの低シート高やミドルポジションのステップなどと相まって、年齢や体格にとらわれず、幅広い層のユーザーが楽しめる設定となっています。

ホンダのレブル500に2023年モデル登場
レブル500のフレーム

ほかにも、インナーパイプ径41mmの正立テレスコピックフロントフォークの採用により、高い路面追従性と乗り心地の良さを両立。前後16インチの極太タイヤの装備などにより、迫力あるフォルムも実現しています。

なお、2020年のマイナーチェンジでは、ヘッドライト、ウインカー、テールランプに、スタイリングをより引き立てるLEDを採用。

急なエンジンブレーキ時のリアタイヤの挙動を抑制するアシストスリッパークラッチも装備するなどで、より機能性や安全性の向上などを図っています。

●2023年モデルは2つの新色を採用

その2023年モデルでは、カラーリングを一新。シンプルで落ち着いた印象の「マットジーンズブルーメタリック」と、モダンな印象の「パールディープマッドグレー」の計2色を設定しています。

ホンダのレブル500に2023年モデル登場
レブル500のパールディープマッドグレー

また、最新の令和2年排出ガス規制に適合させながらも、最高出力46ps、最大トルク4.4kgf-mというスペックはそのまま。定評がある心地よいエンジン特性をキープしています。

なお、価格(税込)は83万6000円です。

(文:平塚直樹

この記事の著者

平塚 直樹

平塚 直樹 近影
自動車系の出版社3社を渡り歩き、流れ流れて今に至る「漂流」系フリーライター。実は、クリッカー運営母体の三栄にも在籍経験があり、10年前のクリッカー「創刊」時は、ちょっとエロい(?)カスタムカー雑誌の編集長をやっておりました。現在は、WEBメディアをメインに紙媒体を少々、クルマ選びやお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジーなどを中心に執筆しています。元々好きなバイクや最近気になるドローンなどにも進出中!