「ルノー4」”世界で初めて成功したハッチバック”が電動クロスオーバーで復活へ

■10月17日パリモーターショーでワールドプレミアへ

ルノーは、これまで同社が製造した最も人気のあるモデルの1つである「4(カトル/キャトル)」が復活することを発表すると同時に、最初のティザーイメージを初公開しました。

ルノー4_003
ルノー4 新型ティザーイメージ

「4」は、シトロエンの名車「2CV」に対抗すべく、1961年に登場。フランス語で「4」の発音は、カタカナで「カトル」または「キャトル」と表記されますが、ルノー4の場合、日本では「ルノー・キャトル」で呼ばれることが多いようです。

本国ではベーシックモデルの「4L」から「カトレール」と呼ばれ、1961年から1992年まで製造、「世界で初めて成功したハッチバック」としても有名です。

ルノー4_001
ルノー4 新型ティザーイメージ

公開されたティザーイメージでは、分厚いオフロードタイヤを装着、高い地上高が確認できます。

また、箱型のホイールアーチ、ルーフラックを装備、サイドシルプロテクター、ルーフボックス、リアクォーターウィンドウに配置されているLEDも特徴的です。

フロントエンドでは、同ブランドの新エンブレム、イルミネーテッドグリルに囲まれたLEDヘッドライトを装備、後部ではオリジナルを彷彿させる縦型配置の3連LEDテールライトの一部も見てとれます。先代4の全長はわずか3,663mm(144.2インチ)ですが、新型のボディはより大きくなり、電動化されクロスオーバーとなって登場すると予想されます。

ルノー4の生産が終了してから30年、新型4は10月17日パリモーターショーでワールドプレミアとなっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?