「ダウンサイジングはしない」アウディRS6次期型はV6を維持して電動化へ

■直4は使わないと断言。電動ターボチャージャーを搭載で最高出力は680psか

アウディの主力「A5」のハードコアモデル、「RS5」次期型に電動パワートレインが採用される可能性が高いことがわかりました。

アウディ RS5_007
アウディ RS5

ライバルのメルセデスAMG「C63」新型では、2.0リットルの直列4気筒ガソリンエンジンに電動ターボチャージャーを搭載、最高出力680ps・最大トルク1020Nmという圧倒的なパワーを持っています。

しかしAMG電動のV8エンジンを懐かしむ声も多く寄せられています。

アウディ RS5_005
アウディ RS5

対してアウディRS部門も、電動パワートレインに切り替える予定ですが、V6やV8燃焼エンジンをダウンサイジングすることはなさそうです。

スペインで開催された直近のイベントにて、アウディスポーツの製品マーケティング責任者であるコンスタンティン・ドレスラー氏は、メディアからのパフォーマンス部門の将来に関するアウディの計画ついて問われると、「もちろん、私たちのクルマも電動化します。しかし、4気筒は搭載しません」と即答したといいます。

現行型RS5は、電化のないやや古い2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力444ps・最大トルク600Nmを発揮しますが、最新のミッドサイズハードコアスポーツセダンとしてはいささか物足りません。

しかし、次期型では電気モーターと組み合わせ650ps程度まで一気に向上する可能性もありそうです。

アウディRSファミリーのアジェンダを確認すると、現在同ブランドではSUV「RS Q5」の開発を進めており、電動パワートレインを搭載した最初のアウディスポーツモデルになる可能性があるといいます。

また、このパフォーマンスクロスオーバーには、同じ2.9リッターV6ユニットのハイブリッドバージョンを使用し、効率よりもパフォーマンスを重視するという情報が入っています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?