一生に一度は乗ってみたい「オープンカー」、マツダロードスターの助手席に乗れるチャンスがやってきた!

■オープンカーの楽しさを知ってみんなが笑顔になれる

●マツダ協力の下、ロードスターのオーナーズクラブ実施のイベント

歴代マツダ・ロードスター
歴代マツダ・ロードスター

マツダ広報部ロードスター担当の田中さんからご連絡をいただきました。

「オープンカーに一般の方が乗れる企画を計画してるんですが、どう思われますか?」

う〜ん、オープンカーって身近じゃない人にはなかなか触れる機会はないし、助手席でも乗れるんならいいんじゃないですかね? 「乗れば良さがわかりますよ」っていうマツダらしいイベントだし、お客さんも喜ぶでしょう。けど、御社製品がすべてオープンカーではないし、目指すところはどこなんでしょうね?

「このイベントは、水落さんのところRCOJ(ロードスター・クラブ・オブ・ジャパン=日本のロードスターオーナーズクラブのまとめ役)の企画で、マツダは”協力”の立場なんです」

なんで、こんなに記事中に個人名を出しているかといえば、田中さんも水落さんも30年ちょっと前、マツダユーザーとの接点でありカスタマイズ工房である「M2」の立ち上げメンバーであり、ロードスターやオープンカー、クルマの楽しみにとても造詣が深いというか、そればかりをお仕事にされてきた(と私は思っている)お二人なのです。ちなみに、私はM2の立ち上げ直前からの仲で、公私ともにお二人には大変お世話になってきた経緯があるのです。

いや、お世話になってきたからイベントの告知記事を書いているってわけではなく(笑)、きっと楽しめるイベントであるからであり、それをイメージしていただくためのエピソード紹介なのです。

で、さっそく水落さんにどんなイベントで何をしたいのか、聞いてみました。

「今回のイベントはあくまでもロードスターオーナーが、自分たちが愛してやまないロードスターやオープンカーの楽しさを知ってもらいたい、そういう思いからマツダに場所の提供などで協力してもらってやるんです。一般公募して集まった40名の人に、ロードスターオーナーたちの助手席に座ってもらって、横浜のみなとみらい地区のビル街を走って、オープンカーの気持ちよさを実感してもらう、ただそれだけのイベントです。お客さんは滅多に乗れないオープンカーの助手席で楽しめる。オーナーさんたちは自分の趣味の楽しさをわかってもらえて満足する。マツダにとっても自社の車両の楽しさを理解してもらえる、というみんなが笑顔になれるイベントなわけです」

へー、そういうことか。実はRCOJでは、クリスマスが近くなると、サンタの格好をしたロードスターオーナーが、ひとり親のお子さんを助手席に乗せて楽しんでもらうというボランティアイベントを続けてきた実績もあり、運営も手慣れているわけです。

概要は理解していただけたでしょうか? きっと楽しめるイベントであることは間違いないのですが、残念ながら今回の募集枠はたった40名。それも基本的に先着順だそうです。

同時開催されるチャリティフリーマーケットの様子
同時開催されるチャリティフリーマーケットの様子

なお、当日は同じマツダ横浜R&Dセンターでは、同時開催でチャリティフリーマーケットも開催されるそうで、そちらも楽しんでもいいかも。

欲しかったミニカーなんかも見つかるかも!
欲しかったミニカーなんかも見つかるかも!

ロードスターやオープンカーにちょっとでも触れてみたいひとは、早速申し込んでみてください。新しい世界観が広がるかも知れませんよ。

●イベント概要

会場はマツダ横浜R&Dセンター
会場はマツダ横浜R&Dセンター

・イベント名:オープンカーエクスペリエンス
・日程:10月30日(日)13:00〜 (雨天時も、内容を一部変更して開催します)
・会場:マツダ横浜R&Dセンター(神奈川県横浜市神奈川区守屋町2-5)
※同日11:00〜12:30に同会場で、「ロードスターチャリティフリーマーケット2022秋」も開催。ロードスター文化の一端にも触れてみてください。(フリマの入場料はおひとり400円以上のチャリティ募金です)
・主催 ロードスタークラブオブジャパン(RCOJ)
・協力 マツダ株式会社
・内容 ロードスター助手席体験/ユーザー&マツダスタッフトーク/懇親
・参加費 おひとり500円(当日受付でお支払い。愛車でドライブしてくれるユーザーへのガソリン代補助と、懇親会の飲料、クッキー代です)
・対象:オープンカー(ロードスター、RFを含む)に興味がある方。購入検討されている方。ジュニアシートを使ってひとりで乗れる3歳以上のお子様も体験できます
※すでに購入契約された方、納車待ちの方、オープンカー(ロードスター、RFを含む)を保有されている方の参加は遠慮ください。楽しみを拡げたい方は、RCOJへの入会をおすすめします
・参加受付締切:上限40名に達した時点。または10月20日で締め切ります。

・お申し込みページはこちら

(小林和久)

【関連リンク】

オープンカーエクスペリエンス
https://www.open-inc.co.jp/rcoj/opencarExperience/index.html

応募ページ
https://www.open-inc.co.jp/rcoj/opencarExperience/agree.html

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。