日産GT-Rがデザイン刷新か。次世代EV前に最後の大幅改良の噂

■現行型3.8リットルV型6気筒ツインターボに48Vマイルドハイブリッドが有力

日産 GT-R_002
日産 GT-R 改良新型 予想CG

日産が販売するスーパースポーツ、「GT-R」に関する最新情報を入手、予想CGを制作しました。

次期型に関しては昨年、2023年秋に登場とお伝えしていましたが、どうやらフルモデルチェンジではなく、そのタイミングで大幅改良が執行される可能性がありそうです。

日産 GT-R_003
日産 GT-R USモデル

改良新型では、当初噂されていたフルエレクトリックではなく、現行型3.8リットルV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」エンジンに48Vマイルドハイブリッドが組み合わされ、最後のピュアガソリンエンジン搭載モデルとして発売、最高出力は650ps程度になるという情報です。

マイナーチェンジといっても、エクステリアデザインは大幅な変更が予定されており、カーボンコンポーネントを採用したアグレッシブな外観が期待できそうです。

まず、フロントスポイラー、サイドスカート、リアスカート、また、リアウイングを大型化。グリルは内側に絞ったデザインでシャープな印象に。サイドデュフューザーもグリルに合わせた縦型デザインで迫力満点になり、ヘッドライトは2連プロジェクタープラス縦型LED、また上部にはポジションランプ、ウインカーを内蔵するなど、より精悍なフロントエンドが予想されます。

2023年に大幅改良が行われた後、期待されるのが初のフルエレクトリックGT-Rです。こちらのワールドプレミアは2027年とまだ先のため、採用されるEV技術はまだ確定していない模様です。2022年以降も続々と誕生が予定されるエレクトリックスーパーカー市場ですが、トヨタ、レクサスをはじめ、いよいよ国産EVスポーツカーラッシュが見られるかもしれません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?